競馬予想ソフトUNICORN2(ユニコーン2)
ホーム 製品紹介 的中実績 料金 よくある質問 お問い合わせ 会社概要
製品情報
競馬予想ユニコーン2とは?
機能一覧
分析手法
動画環境
製品紹介
的中実績
無料体験
競馬予想ソフトユニコーンⅡのお申し込みを検討中で実際にユニコーンⅡを使ってみたい方向けの無料体験プランをご用意しております。
無料体験申し込み
申し込み
競馬予想ソフトユニコーンⅡのお申し込みは、当サイト上で行っております。下記より、お申し込みの流れや利用規約等をご確認の上、お申し込みください。
お申し込み
競馬予想ユニコーン2とは?
競馬予想ソフト/競馬ソフトユニコーンⅡは、有効とされてきた全てのデーター競馬理論、オッズ理論、必勝馬券術、データベースによる解析及び分析、投資理論、リスク回避理論などの全ての要素を組み入れ、各情報のバランス及び要素の配分率を、莫大な時間を使い組み合わせた、今までに無いまったく新しい競馬予想ソフトです!
1年間に中央競馬会のレースが約3500レース行われます。では、その中で競馬ファンの皆さんはどのくらいの配当の馬券を狙うのでしょうか?勿論、博打という考え方で勝負を行う方が殆どですから、狙う馬券も高配当のものになります。では、実際に発表される払戻し金額は、どうなのでしょう?実は、全体のレースの7割以上が2000円未満の低配当なのです。確かに高配当を的中させた方が、1回の回収金額は大きいのですが、実際に馬券を購入し1年間の収支で考えますと、利益を出す事は至難の業なのです。基本的に博打をされる方の多くは、的中した時にしか他人に言いませんし、的中しても資金配分を行なっていませんので、当たり損ということも多々あります。では、競馬で絶対に負けない必勝法は存在するのでしょうか?実は、存在するのです!では、どうすれば良いのでしょうか?簡単です。1番人気の馬券を外して2番人気の馬券から3点買いするのです。そして、不的中になれば次のレースに倍賭けします。これを的中するまで繰り返します。まぁ悪くても12レースに1回は的中します。しかし、このやり方には条件があります。もうお気づきかと思いますが、際限なくお金をつぎ込める方!という条件です。仮に1万円で始めた方が11連敗しますと12レース目に掛ける金額は2000万円を超えますし、トータルの購入金額が4000万円を超えます。こういう事が可能なお金持ちであれば、絶対に損をしないのです。
良く競馬予想ソフトの販売を行っているメーカーや販売店のサイトを覗きますと、「的中率が70%!85%!」などと平気で掲載されています。皆さんは信じられますか?実際にはどうなのでしょうか?ハッキリ申し上げますが、あれは数字のマジックです!どういう事かと言いますと、ソフトによって様々な仕様になっていますが、色々なパターンや買い方があります。その中のどれかに的中馬券が入っていれば的中、又は何かのマークや指示が出ているものが的中すれば、それも的中した事にして「的中率が70%!85%!」という事なのです。
しかし、そういった色々なパターンの馬券を全て購入したとすれば、的中したとしても当たり損になってしまうのです。勿論、ソフトを使用しているユーザーで、当たり損になることが分かっていて馬券を購入するユーザーは居ませんから、実際にはそのパターンの中のひとつを選択したり、利益が見込まれる回収率になるように馬券を選択したりして馬券を購入する訳です。
そうしますと、実際の的中率は各社ある程度の違いは有りますが、せいぜい10%~20%程度なのです。実際に無料ソフトから360万円する予想ソフトまで、相当数のソフトを弊社でも検証を行いましたが、上記のような検証結果になります。そして、この数字はあくまでも年間平均での的中率なのです。この言葉の意味が分かりますか?
お分かりになる方は、恐らく投資のプロかそれなりの知識をお持ちの方だと思います。仮に本日と明日が土日だとしてシュミレーションしてみます。例えば本日のレースで12レース中、5レース的中したとします。そして、明日の12レースが全て不的中だったとしても、的中率20%なのです。ですから、土日の2日間投資を行うとしますと、最高で19連敗してしまう可能性があるのです。そうしますと、馬券購入総額が1万円でスタートし、仮に200%の回収率で、損失回収及び利益を確保する為に必要な金額を計算し投資を行ったとしたら、必勝する為に100億円以上の資金が必要になります。勿論、ほとんどのユーザーが途中で原資がパンクして破産してしまいます。

今まで、競馬予想ソフト/投資競馬ソフトの開発を行ってきたメーカーが考えてきた事は、弊社も含めて的中率を上げることでした。その為に各社共に膨大な時間と労力を使い、試行錯誤を繰り返して来た訳ですが、現実に安定的に的中率を上げる事は不可能でした。
勿論、良い時には1日の的中率がパーフェクト(100%)という事も起こりますが、逆に駄目な時は、5連敗・7連敗・10連敗という事が、どんなに素晴らしいソフトであっても年間に数回起こります。一般的な競馬ソフトの回収率は180%程度しか有りません。仮に馬券購入総額が1万円でスタートして5連敗してしまったとした場合、6回目に損失額の回収及び利益を得るために購入しなければいけない馬券購入額の総額は、350万円を超えます。皆さんは現実に可能でしょうか?私には到底そんな度胸はありません。

弊社では10年以上”競馬予想ソフト/競馬ソフト”の開発に携わり、ありとあらゆる検証を行ってきました。そして安定的に高的中率の競馬ソフトを開発する事は出来ませんでした。
また、高額ソフトを含めた大量の他社様のソフトを購入し検証を行いましたが同じ結果でした。
そこで、根本的に「投資」という概念に立ち戻り、高確率で的中する事を目的としないで、的中率を犠牲にしても、安定性(どんな日でも最低的中率を確保すること)を求め、開発を続けてきました。具体的にご説明しますと、1年トータルでの平均的中率を高める事を求めるのではなく、逆の発想で、単純に競馬予想ソフトで的中させる事が難しいレースを抽出して、そのレースを最初から見送り、的中する可能性が高いレースだけ挑戦するという事が可能なインジケータ機能の開発に成功したのです。
また、1日中高配当が続くような荒れた日には、連敗する可能性が高くなります。そのような可能性が非常に高い日には、ユニコーンⅡのインジケーター画面上に、1日中馬券購入を見送るように、表示されます。また、一般的な時でも、基本的に挑戦できるレースが3~6レース程度に絞り込まれます。そうする事で、年間平均的中率ではなく、1日の平均的中率を40%以上にする事が出来るようになりました。ココまでの説明をご覧になった方はもうお分かりだと思いますが、理論的にはインジケーターに従って馬券を購入すれば、2連敗以上しないという事になります。勿論、将来的な的中率を保証することは出来ませんし、的中実績をご覧になればお分かりになりるかと思いますが、現実に2連敗以上してしまっている日があります。
しかしUNICORNⅡは、仮に2連敗以上してしまう事があれば、膨大な資金を使い果たすまで馬券を買い続けるのではなく、そのような日はUNICORNⅡでの予想が成り立たないと判断し、次の開催日まで馬券購入を中止します。要するに3連敗した時点で、そこまでの損失を諦めます。仮に、そこまで100連勝していても200連勝していたとしても、1回5〜6連敗してしまえば、それまでの利益を全て無くしてなくしてしまうばかりか、資金の全てを失ってしまいます。そうする事で、大幅にリスクを軽減する事が出来るのです。実際に過去1年間の的中実績をご覧になれば、お分かり頂けると思います。